人材情報を生かし適切な要員計画

企業にとって人材が重要な資源であることは言うまでもありません。企業の事業目標を確実に達成するためには、適切な要員計画が不可欠です。人材管理システムには蓄積された人材情報を活用し、適切な要員計画ができるようサポートしてくれる機能があります。現在の各部署における人員配置の状況がリアルタイムで把握できるようになっています。また、人手不足で常に募集を行っている部署や残業が多い部署なども把握できるため、余裕のある部署からの異動候補が抽出できます。その際、個人の実績や能力も考慮されるため、無理のない要員計画を作成することが可能です。しかも、全社員が対象になることが良いところで、企業の人材を最大限生かせます。

目標・評価管理で従業員を的確に評価

従業員の能力を引き出し、実績を積み重ねていくためには、適切な目標を設定し正しく評価することが大切です。評価の結果が給与や賞与に的確に反映されることにより従業員のモチベーションアップも期待できます。人材管理システムには目標・評価管理という機能があります。査定期間前に必要に応じて上司と面談を行い、各自の目標設定を行います。その目標はシステム内に登録され、査定期間中いつでも確認できるようになっています。査定期間後、目標が達成されているかを中心に評価が行われます。評価者によって評価のバラツキがありますので、全社的な調整が必要になりますが、人材管理システムなら簡単に調整できます。最終的な評価結果を給与や賞与に反映させることも可能です。