人材管理システムの機能

人材管理とは、従業員を業務上、どのように働かせ、どれだけ働いているのかを管理することです。一口に業務といっても従業員の立場や役割によって大きく変わるため、すべての従業員を一律に同様の管理をすることはできません。人材管理は、基本的に人事部の従業員や管理職が行うものですが、それらをすべて手作業で行うとなると、煩雑で膨大な作業になるほか、従業員によっては評価に不公平感を感じる人もいます。それらの負担を軽減させるために生まれたのが、人材管理システムです。人材管理システムでは様々なデータを集計して効率的に人材管理を行い、かつ運用していきます。人材管理システムでは、主に人事労務管理と人材のマネジメント、採用管理、そして評価管理が行われています。

メインの人事労務管理の内容

人材管理システムのメインは、人事労務管理です。人事労務管理とは、人事の業務の中でも日常的に行われ、かつ特に煩雑な作業のひとつとされています。従業員一人一人の労働時間の管理に始まり、社会保険や福利厚生に関する加入と金銭の管理、労使関係の管理、給与の管理、そして職場の安全衛生に関する管理などといったものです。これらをシステム化することによって、人事における大きな作業負担を軽減させることが可能です。労働時間の管理は、人材ベースと勤怠管理カードなどを用いて自動的に計測されるようにしています。これらのシステムを導入することによって、年末調整の手続きや雇用関係に関する書類の作成が簡単になったうえに、ミスも少なくなりました。役所などへの書類提出もスピーディーになっています。