担当者による人材のブレが解消!

「採用担当者の主観で良い人材だと判断された応募者が、入社してすぐに辞めてしまった…」「面接のときは好印象だったのに、勤務開始時はだいぶ印象が変わっていた…」このようなことは採用の現場でよく起こっているのです。それを防ぐためには採用理由を明確にしたうえで、人材管理システムを使って面接の記録を残しておくことが推奨されます。人材管理システムは従業員の勤務評価だけでなく、採用管理にも活用される時代になっているのです。採用管理に活用することで面接の内容をデータとして蓄積することができますし、採用担当者が代わっても同じ基準で面接ができるというメリットがあります。つまり会社としてのブレをなくすことができるのです。

市販のシステムはバリエーションが豊富!

自社に新しいシステムを作れるSEがいなければ、市販の採用管理システムを導入するという選択肢もあります。料金は月額数千円のものから数万円のものまでさまざまです。応募者が100人までは無料で、その後は10人ごとに課金されるという料金体系もあります。新卒採用に特化したものもあれば、中途採用に特化したものもあります。つまり市販のシステムを契約する際は、どのような人材をどれくらいの規模で採用するのかを明確にしておく必要があるのです。またオプションでweb面接ができるサービスもあります。会社でオンラインシステムの導入を検討しているのであれば、採用管理システムのオプションとして契約することでコストを抑えられるケースもあるのです。